天然温泉美人の湯

島ならではのここでしか味わえない唯一無二の小木温泉。長い歴史と共にある温泉は深みのある暖かく優しいお湯です。地元でも人気の美肌の湯として知られ、アルカリ性低張性高温泉の湯はアルカリ性Ph9.6と非常に高く、美肌効果に効果があると言われています。

内湯

かもめ荘では小木温泉を加水無しの100%源泉かけ流しでお楽しみいただけます。湯船にはたっぷりのお湯が注ぎ込まれ、天井が高く開放感がある内湯は、木の温もりを感じる癒しの温泉です。

サウナ

湯内にはサウナもあります。
水風呂代わりのジェットバスと併せて、
全身を癒して下さい。

ジェットバス

ジェットバス
ジェットバスもついています。温泉と合わせて疲れを癒して下さい。

内湯

露天風呂

海の潮風香る露天風呂は、岩造りの心落ち着く露天です。夜になれば佐渡の澄んだ夜空に、満天の星が輝きます。肌に滑らかに染み込む美肌の湯と、美しい空を見ながらゆっくりと温まって下さい。
(露天風呂は12月上旬から3月上旬まではお休みとなります。)

源泉名 小木温泉
泉質 ナトリウム・カルシウム-硫酸塩・塩化物温泉(アルカリ性低張性高温泉)
温泉成分・特徴 無色燈明、無臭であり苦味塩味を有す
泉温 43.8℃
適応症 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔病、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進、きりきず、やけど、慢性皮膚病、虚弱児童、慢性婦人病、動脈硬化症に良いとされる。
禁忌症 急性疾患(特に熱のある場合)、活動性の結核、悪性腫瘍、重い心臓病、呼吸不全、腎不全、出血性疾患、高度の貧血、その他一般に病勢進行中の疾患、妊娠中(とくに初期と末期)に良いとされる。

温泉情報

浴用上の注意事項

  1. 温泉療養を始める場合は、最初の数日の入浴回数を1日あたり1回程度とすること。その後は1日あたり2回ないし3回までとすること。
  2. 温泉療養のための必要期間は、おおむね2ないし3週間を適当とすること。
  3. 温泉療養開始後おおむね3日ないし1週間前後に湯あたり(湯さわり又は浴場反応)が現れることがある。「湯あたり」の間は、入浴回数を減じ又は入浴を中止し湯あたり症状の回復を待つこと。

※以上のほか入浴には次の諸点について注意すること

  • 入浴時間は入浴温度により異なるが、初めは3分ないし10分程度とし、慣れるにしたがって延長しても良い。
  • 入浴中は、運動浴の場合は別として一般には安静を守る。
  • 入浴後は身体に付着した温泉の成分を水で洗い流さない(湯ただれを起こしやすい人は逆に湯で身体を洗うか、温泉成分を拭きとるのがよい)。
  • 入浴後は湯冷めに注意して一定期間の安静を守る。
  • 次の疾患については、原則として高温浴(42℃以上)を禁忌とする。高度の動脈硬化症、高血圧症、心臓病。
  • 熱い温泉に急に入るとめまい等を起こすことがあるので十分注意をする。
  • 食事の直前・直後の入浴は避けることが望ましい。
  • 飲酒しての入浴は特に注意する。